設備改善への取り組み

KAIZEN activity for production equipment

設備改善への取り組み

Production equipment

日々、新しい技術に対応するためにカツシロマテックスでは設備の改善にも取り組んでいます。
設備を新しくすることで、精確な製品をより速く納入できることにもつながると考えているからです。
また、環境への配慮として、よりクリーンな設備の導入を進めています。

  • ファイバーレーザー

    ファイバーレーザー切断機
    低ランニングコストのストッカー付きファイバーレーザー導入により切断作業の自動化を図り、生産性の向上を推進しています。 CO2レーザーに比べて消費電力が少なく省エネに貢献しています。
  • 溶接自動化

    溶接作業自動化
    人による溶接の苦渋作業を無くす為溶接ロボットを活用し、溶接作業の効率化を図っています。
  • 仕上自動化

    仕上作業自動化
    切断後のバリ取り、グラインダー仕上げを自動化することにより苦渋作業の改善、作業の効率化を図っています。
  • マテハンロボット

    マテハン ロボット
    マシニングセンターや切断ロボットのハンドリングを人からロボットに置き換えることにより省人化。作業の効率化を図っています。
  • オフラインティーチング

    オフラインティーチング
    溶接ロボットのティーチングを、パソコン画面上の仮想空間で行うことにより、従来、現場にて行っていたティーチング作業を生産ラインを止めずに行うことができ効率化を図っています。
    グループ国内外のティーチングに対応しています。